蕎麦に含まれる栄養素「ルチン」の特徴

petmizu3

麺料理の中でもヘルシーなメニューだと最近、再び注目され始めているのが蕎麦です。
出前で頼む麺料理として庶民の間ではお馴染みの料理であり、引越し蕎麦や年越し蕎麦といった風習もあり、日本人には特に親近感が強いものでしょう。
しかし、蕎麦には大変魅力的な栄養素の「ルチン」が含まれています。

栄養素のルチンと言われても、いまいちピンと来ない方々がいるかもしれませんが、
その健康成分はポリフェノールの一種であり、大まかに言えば、ブルーベリー、赤ぶどうやワイン、イチョウ葉エキスなどに含まれる嬉しい有効成分の親戚のような存在です。

そして蕎麦由来のルチンには、色々なメリットがあります。
まずルチンを日常的に摂取する事で、人体の毛細血管の品質が改善されていきます。
毛細血管は加齢や乱れた生活習慣によって劣化しやすい部分です。
それを蕎麦、または蕎麦茶などを継続的に食べる事で毛細血管のアンチエイジングが図れ、動脈硬化のリスクを下げられます。
動脈硬化のリスクが下がる事で、同時に将来の脳梗塞や心臓疾患の危険も下がると考えられており、中高年層の体調管理にルチンは非常に大事な存在です。

またルチンは高血圧症の予防と症状の緩和にも役立ちます。
人体の血流の量を上手くコントロールしてくれる効果、そして血圧のバランスを適正に保つ働きがルチンには備わっており、血管を拡張させる促進効果も手伝い、高血圧症の予防効果が強く期待されています。
糖尿病の予防に役立つとの指摘ありも肝臓にコンプレックスを抱える方々の体調管理にもおすすめです。

ルチンの効果とは直接関係はありませんが、蕎麦は主食としても低カロリーな料理です。
生活習慣病を患っている方や食事制限を医者から課せられている方も、蕎麦なら安心して食べられます。
脂質や糖質が他の麺料理より非常に低く、消化も良いため、胃もたれせずに毎日食べられますし、
蕎麦茶であればカロリーやカフェイン含有量がゼロですので、肥満や不眠に繋がる悪影響はありません。

グリシンのサプリについての解説

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>