ラクトフェリンの働き・効果を徹底分析

kotowaru7

ラクトフェリンとはタンパク質の一種であり、鉄と結合する性質を持っています。元々哺乳動物の乳に多く含まれているものであり、細菌の増殖を抑えたり免疫をアップさせる効果があります。腸内に入ると、善玉菌の量を増やして悪玉菌の増殖を抑える働きがありますので、腸内の環境が自然に整います。お腹を壊しやすい人や慢性的な便秘に悩まされている人にも最適です。

一つ一つの効果を見ていくと、免疫力をアップさせる働きはとても有名です。ラクトフェリンを取り入れることで、ナチュラルキラー細胞という免疫細胞の働きを高めることができます。ナチュラルキラー細胞の働きが弱まると、ウイルスに感染しやすくなったりガン細胞ができやすくなったりしますので、病気を予防するためにはナチュラルキラー細胞の働きを活性化させることが大切です。

ラクトフェリンはヨーグルトにもよく含まれていますが、腸内の作用としては善玉菌を増やすことで腸の調子を整え、下痢や便秘を改善させることができます。腸内環境が悪いと全身の健康状態にも影響を及ぼしますので、日頃から食生活にも気をつけながらラクトフェリンを上手く取り入れることが大切です。

ラクトフェリンには、腸だけでなく胃を健康に保つ働きもあります。ヘリコバクター・ピロリ菌に対する強い抗菌作用が確認されており、胃潰瘍や胃がんを効果的に予防することができます。
他にも、活性酸素の発生を抑えることにより細胞の錆びつきを防いで老化を予防したり、鉄と結びつくことで鉄の吸収率をアップさせて貧血を予防する効果が期待できます。

また、ストレスを緩和させる作用があることも分かっていますので、ストレスを溜め込みやすい人は日頃から計画的に摂取すると効果的です。ストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、内臓の不調を引き起こしたり、めまいなどの症状に見舞われることがあります。精神的にも不安定になりますので、ストレスを緩和してくれる作用は重要です。

petmizu2

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>