プロポリスの効果効能を徹底調査

kotowaru10

ミツバチが自らの巣を作る材料である粘着性の物質のプロポリスは蜂ヤニとも呼ばれ、蜂蜜やローヤルゼリーと並んでミツバチが与えてくれる恵みのひとつです。しかし、残念ながら日本に生息しているニホンミツバチはセイヨウミツバチと違ってプロポリスを全く作らないので日本で本格的に研究が始まったのは近年になってからですから、効能や効果についてもまだわからない部分が多いのです。

また、プロポリスはミツバチが樹木の新芽や樹液を集め、自らの唾液に含まれるホルモンや蜂ロウなどを混ぜ合わせて作られていますから、巣の中を清潔に保つ優れた抗菌力を持った素材とも言えるのです。例えば、エジプトのミイラの表面に塗られていたのがプロポリスで、人類が約2000年以上も前の太古の昔から腐敗やカビを防ぐ効果が知られ活用されていたのです。しかし、プロポリスは人工的に生産することができませんし、ひとつの巣から採取される量は蜂蜜やローヤルゼリーと比べると非常に微量ですから大変貴重な成分なのです。

nurimakuttennnen

近年の研究で細胞を健康な状態に保つ作用が期待できるアルテピリンCやp-クマル酸、アミノ酸、有機酸、鉄やマグネシウムなどの各種ミネラル類、さらにはビタミンB1、B2、ビタミンE、葉酸など、多くの栄養素を含んでいることが判ってきました。世界中の様々な国で養蜂が行われている中で樹液に含まれる成分によって栄養素の種類も量も変わってきますが、質、量共にトップなのはブラジル産のプロポリスです。ブラジルに自生するハーブ「バッカリス」を利用して作られたプロポリスには、他の産地のものに比べ有用成分である桂皮酸誘導体が沢山含まれているのです。

また、プロポリスの種類によってその特徴や作用は大きく異なりますが、40種類以上ものフラボノイドが含まれています。ポリフェノールと言えば強力な抗酸化作用が知られていますが、フラボノイドにも強い抗酸化機能があるので、生活習慣病の予防やあらゆる健康を保つ効果を私達にもたらしてくれることが判ってきたのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>