トマトなどに含まれるリコピンにはどんな効果があるの?

petmizu1

動植物がもっている、赤色や黄色などの色素をカロテノイドといいますが、このカロテノイドの一種になるのが、赤い色素をもつ「リコピン」になります。「リコピン」には、ビタミンEの100倍以上といわれている、強い抗酸化作用があることがわかっています。

ヒトの体内では、活性酸素が生成されていますが、ストレスや紫外線、飲酒や喫煙などが増えると体内の活性酸素が増加して、除去しきれなかった活性酸素は、がんや心臓病、脳卒中などの疾患を引き起こすとされています。「リコピン」は、この活性酸素を消去してくれる力をもっていますので、生活習慣病といわれている動脈硬化を抑制したり、肝臓や大腸などのがんの発症を抑えてくれるなどの、研究結果が報告されています。

また、美容に良い効果があることもわかっています。シミの原因物質である、メラニンの生成を抑えてくれたり、コラーゲンが減少することであらわれやすいシワですが、「リコピン」にはコラーゲンの産生を促して、増加させてくれる働きがあることもわかっています。皮膚の表面に蓄えられた「リコピン」は、紫外線によって発生する活性酸素を消去してくれますので、日焼けによって肌にあらわれる赤みなどを、軽減してくれる効果もあります。この他にも、アレルギーや骨粗しょう症などに、良い効果があるとされています。

「リコピン」を効率良く摂取するためには、調理をする際に油を使用して炒めたり、煮込んだり、熱を加えてあげると体内での吸収率が高まるといわれています。トマトに多く含まれている成分になりますので、ジュースやケチャップなどで摂るのもいいでしょう。脂溶性になりますので、オリーブオイルなどの油と一緒に摂ったり、牛乳に含まれている脂肪分と相性も良く一緒に摂取することで、「リコピン」の吸収が高まることになります。大きな効果には、強い抗酸化作用があげられますので、積極的に食事などで摂取することが望まれます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>