紅麹(べにこうじ)はコレステロール値が気になる方に人気?

kireisyo007

紅麹とは、米などの穀物を蒸したものに紅麹菌を繁殖させた麹のことをいいます。普通の麹に比べて鮮やかな紅色をしていることが特徴です。
昔から発酵食品の原料として使われており、沖縄では「豆腐よう」の原料となっています。中国でも古来より食品として利用されており、お酒や酢などが作られます。漢方薬としても使われており、消化を助けて血の巡りを良くし、内臓を強くする効能があると利用されてきた麹になります。
肉や魚の調味として使われたり、着色や保存などさまざまな使い方のでき麹です。
さまざまな健康効果があるとされ、コレステロール値が気になる人にもおすすめです。
紅麹には悪玉コレステロールや総コレステロール値、中性脂肪を下げて、善玉コレステロール値を向上させる働きがあることが知られています。
そのほか、血管や心臓、肝臓の負担を軽減する効果を期待できる、血圧を下げる働きがあることなどが分かっています。
含まれている成分は豊富で、消化酵素やアミノ酸、ビタミンやコエンザイムQ10、モナコリンKなどが含まれており健康に役立つ物質が色々入っていることが分かっています。
紅麹を使った食品としてはさまざまなものが上げられます。醤油や酒、お酢、味噌に豆腐ようなどの調味料や飲み物のほか、そうめんやごはんの素、お菓子類やパン、スイーツなどに練り込んである製品などがあります。
しかし、これらを取り寄せて毎日食べるというのは難しいと考えられます。そんなときにおすすめなのが紅麹を配合したサプリメントが良いとされています。
効果を出すためには1〜3ヶ月は毎日飲む必要があります。
健康に良い紅麹ですが、筋障害やカビ毒の被害報告の例もあるため、持病がある人は医師と十分に相談し、妊娠中や授乳中である、子供や70歳以上の人は摂取を避けるべきだとされています。
どんなに健康に良い食品でも過剰摂取は健康を害してしまう可能性があります。用量を守って長く続けることが大切です。

kotowaru2

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>