むくみ改善に効果あり?メリロートの成分と効果

kotowaru3

夕方になると脚がパンパンになってしまう困った「むくみ」の症状ですが、様々な改善方法があります。むくみとは、体内の水分が下半身にたまってしまっている状態であり、症状を改善するためには余分な水分を排出することが必要です。そもそも血液は体中を循環しており、その間、余分な水分は細胞や毛細血管に吸収されるようになっています。しかし、血行が悪くなっているとこの作用が正常に行われなくなり、余分な水分を含んだままになってしまうのです。

むくみを改善する方法としては、血液の流れを促進し、水分の排出を促すことが大切です。リンパマッサージや運動などが効果的とされていますが、最近ではメリロートというハーブの効果にも注目が集まっています。

メリロートは、ヨーロッパやアジアなど世界各地に自生するハーブであり、古くから頭痛や消化不良、そしてむくみに効くとして重宝されてきました。また、料理のスパイスとしても、用いられることがあるほど、身近なハーブです。

メリロートの有効成分として代表的なものは、クマリン・サポニン・ケルセチンの三種類です。クマリンには、血液の凝固を防ぐ働きがあり、リンパや血の流れを良くしてくれる効果があります。また、サポニンには肥満を防ぐ効果が、そしてケルセチンには血液中のコレステロール値を抑える働きがあるとされています。これらの成分の働きによって、血行促進とむくみの改善、そしてダイエット効果なども期待されています。その他にも、リンパと血の流れが良くなることで、肩こりや冷え性などが改善されるともいわれています。

天然のハーブではありますが、高い薬効成分を持っているため、服用の際には用法と用量をしっかりと守ることが必要です。用量を超えて服用してしまうと、頭痛や胃腸トラブルなどを起こしてしまう可能性があります。また、医薬品との飲み合わせにも気を配る必要があり、たとえば病院で、抗凝固作用のある薬を処方されている方は、控えたほうが良いとされています。

petmizu5

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>